×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長距離引越しを安くする方法 » 近距離引越しとの違い

近距離引越しとの違い

長距離引越しというのは近距離での引越しと比べると段取りや手間暇のコストが随分かかってきます。

費用の相場ひとつとってみても“お手軽さ”という点では、面倒に感じる方もいらっしゃるようです。

基本的にご自分の引越しが長距離(遠距離)になるのかどうかの判断ですが、大まかにいうと直線距離で50kmを超えると長距離引越しとなる場合が多いようです。

これも引越し業者によって少し違ってきますが、同県内(隣接県)であれば、たいていは近距離ということになります。

引越しで長距離というと近畿圏⇔中部圏くらいのイメージでしょうか。もちろん引越しは距離が伸びるほど相場が高くなっていくものです。

単身近距離引越しで、荷物が1立方メートルほどのパックなら宅配便会社のサービスによっては費用が2万円を切る場合もあります。

このような単身近距離引越しなら、ご自分とお友達数名でやってしまった方が安く上がることもあるようです。もちろん半日もあれば引越し作業も完了しますのでレンタルしたトラックもすぐに返却することができます。

これが長距離引越しになると、休日をつぶすような徹夜作業になってしまったりします。

この場合ヘルプしてくれた方へのお礼や食事代などの配慮が煩わしく感じようでしたら引越し一括見積もりサービスが便利です。

これをネットで利用するだけで、複数の引越し業者から対応サービスや費用の見積もりを無料で手に入れることができます。